毎週日曜日に開かれている「かりん市」には新鮮な野菜や甘い香りの果物がずらりと並ぶ。
まんのう町の大地と人々の情熱が育んだ特産品は、まんのう町からのメッセージとなって、
人から人へ、地域から地域へと広がっていく。

いちじく
雨が少ない地方に適しており、6〜7月に熟する夏果と、8〜10月に熟する 秋果とがある。甘くて瑞々しい味と香りは、まんのう町の季節の代名詞である。かりん市などで 「まんのういちじく」として売られ、遠方からも買いに来る人が多い。

かりん製品
町内ではカリン酒やカリンまんじゅう、花梨飴、花梨クッキー、入浴剤など、 カリンの実を使った特産品づくりが行われている。
カリンの実は、喘息や咳止め、疲労回復 などの効果のほか、カリン畑に入ると気持ちが静まる森林浴効果や、花梨風呂も体を暖める 効果があると言われている。

まんのう茶
昭和45年から本格的にお茶づくりに取り組み、現在は約20haの茶畑がある。
昭和61年の町政30周年の記念式典において「銘茶まんのう」と命名された。
芳香と風味の良さが好評。

まんのううどん
讃岐といえばうどん。
手打ちうどんの原型となる手法は、空海によって 唐から伝えられたといわれている。まんのう町でも昔から農村行事の折々に手打ちうどんは欠か せないものとなっており、今も子供たちのうどん作り教室などが盛んに行われている。こし のある素朴な味の「まんのううどん」は「かりん亭」でも味わうことができる。