共済

特定退職者共済制度

この制度は、所得税法施行令第73条に定める「特定退職金共済制度」として、国の承認を得ておりますので、事業主が負担する掛金は1人月額30,000円まで損金または必要経費に計上でき、従業員の給与になりません。

小規模企業共済

小規模企業の経営者が廃業や退職に備え、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておくための共済制度で、いわば「経営者の退職金制度」です。

福祉共済

交通事故や不慮の事故による入院・通院の補償、病気・がんの補償など商工会会員とそのご家族・従業員のための制度です。役員・従業員の福利厚生にも適しています。

商工貯蓄共済

「保険(集団定期保険)」・「貯蓄」・「融資」の3つの機能を組み合わせた制度です。病気の時の医療保障制度が追加され、制度内容が充実しています。