6月から9月までの期間はエネルギー消費が増加する季節です。適切なエネルギー管理等の省エネルギー対策を実践しましょう。

~特に心がけていただきたい夏季の取組~

○工場・事業場における省エネ法に基づくエネルギー管理の実施

・省エネ法の「工場等におけるエネルギーの使用の合理化に関する事業者の判断の基準」に基づく設備の管理標準の策定・実施など、適切なエネルギー管理を実施すること。

・電気需要平準化時間帯における電気の使用から燃料又は熱の使用への転換、電気需要平準化時間帯以外の時間帯への電気を消費する機械器具を使用する時間の変更など、電気需要平準化に資する措置を実施すること。

○運輸分野における省エネ法に基づくエネルギー管理の実施

旅客輸送事業者、貨物輸送事業者及び荷主においては、省エネ法の判断基準に基づく取組方針の策定など、適切なエネルギー管理を実施すること。

○公共交通機関の利用促進

通勤及び業務時の移動においては、できる限り鉄道、バス等の公共交通機関を利用すること。また、近距離の移動については、徒歩や自転車での移動を図ること。

○エコドライブの実践

自動車を利用する場合には、エコドライブ10のすすめ(ふんわりアクセル、減速時は早めにアクセルを離す、ムダなアイドリングはしない、タイヤの空気圧を適正に保つ等)を実践すること。

○ISO50001の導入検討

PDCAサイクルによるエネルギー効率の継続的向上等を達成するため、エネルギー管理システム規格(ISO50001)の導入を検討すること。

○省エネルギーに資する事業活動の合理化及び従業員等の意識向上

従業員等に対し、省エネルギーに関する知識や技能を身につけ、自ら省エネルギーを実践するための研修・シンポジウム等へ参加する機会を提供するよう努めること。

○省エネに関するお役立ち情報サイト

<中小企業の省エネ取組をサポート>

・一般社団法人 環境共創イニシアチブウェブサイト「全国省エネ推進ネットワーク」 https://www.shoene-portal.jp/

<オフィスでできる節電アクション等について>

・環境省ウェブサイト「みんなで節電アクション!」 https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/setsuden/

<省エネ取り組みに関する事例について>

・四国経済産業局ウェブサイト「事業者における優良な省エネルギー事例」 http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_d2/9_info/160301/index.html