個人の白色申告の方で事業や不動産貸付等を行う全ての方は、平成26年1月から記帳と帳簿保存が必要です。所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方も、対象となります。

税務署では、新たに記帳を行う方や記帳の仕方がわからない方のために、記帳・帳簿等の保存制度の概要や記帳の仕方等を説明する「記帳説明会」を実施しています。

詳細は国税庁ホームページの「個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について」をご覧いただくか、最寄りの税務署にお問い合わせください。