介護をしながら働く人や、有期契約労働者の方が介護休業・育児休業を取得しやすくなるように育児・介護休業法が改正され、平成29年1月1日から施行されます。

<改正のポイント>

①介護休業の分割取得

②介護休暇の取得単位の柔軟化

③介護のための所定労働時間の短縮措置等

④介護のための所定労働時間の制限(残業の免除)

⑤有期契約労働者の育児休業の取得要件の緩和

⑥子の看護休暇の取得単位の柔軟化

⑦育児休業等の対象となる子の範囲

⑧いわゆるマタハラ・パワハラなどの防止措置の新設

詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

関連リンク

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000140488.pdf#search=%27%E6%94%B9%E6%AD%A3%E8%82%B2%E5%85%90%E3%83%BB%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BC%91%E6%A5%AD%E6%B3%95%27